4.社会福祉法人大田 幸陽会まごめ園への支援

(地域社会奉仕)

平成5年に開設された大田区の社会福祉法人は、知的障害者が生活、作業を通じて社会的自立に向けて訓練する施設であり、授産所でも有ります。当クラブはそこで生産された製品の発注や販売に協力し、開園以来、毎年秋に開かれる施設の文化祭「まごめ幸陽祭」に協力金を贈っています。

またバザーの献品や、会員が所員やその家族と交流するパーティーの開催、潮干狩り、出前コンサート等のぬくもりを目指した支援を続けています。

 

 平成23年度(2011年)現施設が多機能型施設として生まれ変わるために仮園舎に一時移転することとなりました。平成25年4月の新園舎が完成までは「まごめ幸陽祭」は中断しています。